こどもの時からしっかり予防|丹田歯科

こどもの時からしっかり予防

こどもの時からしっかり予防|丹田歯科
  • HOME
  • クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
設備案内

レーザー治療

初期症状のムシ歯はレーザーによる無痛治療で進行を防止することができます。レーザーで高熱殺菌処置することによって、歯を削ることなく治療できますので審美効果の高い治療が行えます。

歯科レーザー治療で使用する歯科レーザー光は、赤外線領域と一部の可視光線領域のもので、安全な種類の光です。これは外科で使用される”赤外線療法”などと同じものですが、より安全に使用する為に歯科レーザー治療専用に研究開発されたものです。

レーザー治療の例





痛みが少ない・無麻酔

ごくごく初期のムシ歯のみできる事です。レーザー照射時には、パチパチと音がしますがほとんど何も感じません。もちろん不快な注射による麻酔も必要ありません。

歯を従来の切削器具で削らない

歯をダイヤモンドやカーバイトでできた切削器具で削ると、歯に微少な亀裂が入り、詰め物をしてもそこから2次的にムシ歯になる可能性があります。レーザーでは、ムシ歯を高温で瞬時に蒸散させるため、逆に歯面が硬化しムシ歯に対する抵抗性は高くなります。
レーザー処置したところは樹脂を詰めます。


レーザー治療のデメリット

レーザーはあると、とてもいいものですが、何でもできるという訳ではありません。 処置によっては時間がかかる場合があったり、深いムシ歯には適応されません。 メディアで「無痛」などと紹介されていますが過度な期待はしないで下さい。

歯科レーザーで行う主な治療

歯周病の治療

歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければいけませんでした。
歯周病のレーザー治療では、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。 特にインプラント周囲炎や歯周病の急性発作には効果がある様です。

ムシ歯の治療

レーザーを使えば、ムシ歯を取り除いた後、目に見えない細菌をレーザーで、より確実に殺菌する事ができます。そして詰め物をする事で、ムシ歯の再発防止に効果発揮します。
萌えたばかりの永久歯の溝をレーザーで殺菌処理しシーラントという樹脂を詰めます。溝を埋めることで汚れが入りにくい形にし、ムシ歯を予防します。

口内炎の治療

口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、接触痛を早期に治す事ができます。

知覚過敏の治療

ムシ歯ではないが、歯の根元が露出したり、えぐれてしみやすくなる状態を知覚過敏と言います。
通常はレジン樹脂をコーティングして処置しますが、境目が少し盛り上がってプラークがたまりやすく歯肉炎をおこしやすい場合は、レーザーで処置する事もできます。

オーラルクロマ(口臭測定)

オーラルクロマ 口臭測定器「オーラルクロマ」は、口臭成分を硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルフアイドに分類・測定します。シリングをくわえていただき採取した口腔ガスの中の口臭有無の判定、その主要な口臭成分とされるガス濃度を測定できるため、口臭原因の特定や、 特にその主要原因である歯周病の診断、治療効果の確認に役立ちます。 他の口臭測定器よりも精度の高いガス分析器です。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡位相差顕微鏡とは、口腔内の細菌の種類・量を観察するための機器です。
口腔内には様々なムシ歯や歯周病の原因菌が生息しています。

位相差顕微鏡を使用することにより、正確に患者様のバイオフィルムの状態を把握することができるので、患者様一人一人にあわせた治療が可能になります。

9:00〜12:00 ×
14:00〜20:00 × ×

※ 金曜日午後は14:00〜19:00までです。
  休診日:日、祝日

※ お電話の受付は診療受付時間の30分前までとなります。

〒552-0004
大阪市港区夕凪1-17-9

休診日  日・祝日
最寄駅  中央線 朝潮橋駅下車 徒歩5分

アクセスマップ

大阪市内を中心に京都や奈良、
神戸からもご来店頂いております
お気軽にご相談ください。
親身になってご相談に乗ります。

お車でお越しの方は
阪神高速、九条出口を出て国道172号線沿いに東へ
阪神高速、天保山出口から国道172号線沿いに西へ

Copyright (C) 丹田歯科医院 All Rights Reserved.