こどもの時からしっかり予防|丹田歯科

こどもの時からしっかり予防

こどもの時からしっかり予防|丹田歯科
  • HOME
  • クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
歯を長持ちさせる3つのコツ
  • ムシ歯になることや、歯を失うことは仕方のないことだと思いますか?
  • 歯を守るための予防があったら知りたいと思いますか?
  • 予防のために努力してもいいと思いますか?
プラークコントロール
咬みぐせのコントロール
定期検診を受けること
プラークコントロール

プラークコントロールで大事なことは細菌の量を減らし、質を変える=悪玉菌を害のない菌に変えることです。それには、正しいはみがきと、唾液を出すこと、免疫力が下がらないように悪い生活習慣を改善することが大切です。これって、歯だけじゃなく体全体の健康にも関わることですよね?

それでは、まずははみがきから説明いたします。

1、五感で習得正しいはみがき

皆さんは正しいはみがきができていますか?
正しいはみがきとは、「プラークを取ろう」という意識を持ったはみがきのことです。
ただ、食べかすをとるだけのはみがきではお口の中の病気は予防できません。
「はみがきはちゃんとやってます!」と思っている方でも、磨き不足と磨き過ぎの所がまぜこぜになっています。それは、無意識のままはみがきを行っているからです。
磨き不足だと細菌が多く残り、ムシ歯や歯周病の原因になります。
磨き過ぎるとプラークコントロールするどころか歯や歯肉を傷つけ、知覚過敏や歯肉がやせてしまいます。でも、そういわれてもどんなはみがきがいいのか分かりませんよね?
そこで、セルフチェックができるよう、五感をつかったはみがきをおすすめしています。

  • □ 視覚 鏡を見ながら磨いてください!と言われ鏡の前に立っていることと思いますが、ちゃんと歯を見ていますか!?何を取るか、プラーク(食べかすではない)や歯並びを見てきちんとはぶらしを当てましょう
  • □ 聴覚 ハミガキの音 シャカシャカ
  • □ 臭覚 プラークは取れたかな?フロス・歯間ブラシの匂いをかいでみよう。疲れている時はプラークが着きやすく匂いがきつくなります。健康のバロメーターにしてください。
  • □ 触覚 はぶらしが歯肉にあたっている感覚(200gぐらい)を確認するため、舌で歯をなめてみましょう。ヌルヌル、ザラザラしていませんか?
  • □ 味覚 きれいに磨いた後の歯間ブラシをなめれますか?

五感をつかってチェックしながらやれば磨き残し、磨き過ぎが予防できますよ!

要は自分の歯の健康を意識することが大切なんです!
しかし、プラークコントロールははみがきだけじゃないんです。

2、唾液のすごいパワーを借りましょう

唾液には、お口の中の細菌に対して増殖を抑えてくれる抗菌作用があります。
また、ムシ歯になった歯の表面を修復する働きがあります。
これを再石灰化といいます。
しかし、ダラダラと甘いものなどを食べていると修復の時間が取れません。唾液の量や質によってムシ歯や歯周病になりやすかったりするもんですよ!質は個人差があり、どうしようもないところがありますが、量はコツを知れば増やすことができます。
唾液の量は、老化やストレス、お薬によっても変化します。簡単に唾液を出す方法はよく咀嚼するということ!それ以外に、梅干しやレモンを思い浮かべてみたり、はぶらしによるマッサージ、唾液腺のマッサージも効果的です。体内の水分が少なければ当然唾液も出にくいので水分補給(お水)も大切です。子供さんの場合は、やわらかいものばかりでなく少し固いものを食べさせてあげてください。
たくさんの唾液パワーを活用しましょう。
ちなみにドライマウスって聞いたことありますか?唾液が少なく常に口の中が乾いた状態になります。ドライアイの方はドライマウスにもなっているようです。

"時間を決めて食べる" がムシ歯を予防します


口の中のph値が5.4〜5.5以下になると歯のミネラル成分が溶け出しますが、ph値が中性に戻ると歯の溶けた部分が修復されます(再石灰化)しかし、ダラダラと甘いものなどを食べていると、修復の時間が取れません。



3、生活習慣

生活習慣といっても食生活の乱れや喫煙、運動不足、寝不足ほかいろいろありますが、今回は免疫力と喫煙についてお話します。
まず、免疫力は加齢とともに低下していきます。お口の中で考えてみると細菌の力よりも免疫力が弱いと歯周病を発症します。逆に、細菌に打ち勝つくらい免疫力が高いと少しくらいプラークが残っていても歯周病は発症しにくくなります。
では、どうすれば免疫力を高められるのでしょうか?それは、バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠、笑い・楽しむ、この4カ条を実践することです。でも、現実は仕事や家事に追われ実現するのは難しそう。だからといって、年を重ねるだけでも低下していく免疫力をほっとくわけにはいきませんよね。そこでおすすめするのがコエンザイムQ10です。Q10は生きるためのエネルギーを作り、お肌にハリやつやを与えてくれる働きがあります。が、加齢とともに減少し、食事だけでは十分に補えないので補助的に補えるとよいでしょう。Q10以外には乳酸菌含有食品も有効です。自分に合った方法を見つけ、免疫力UP維持を普段から心がけましょう。
次に喫煙ですが、喫煙している人は吸わない人に比べて2〜7倍も歯周病になるリスクが高いといわれています。歯周病を予防し治したいのであれば禁煙は避けて通れない道なのかもしれません。

プラークコントロールの次に大事なことはズバリ咬みぐせです!咬みぐせは物理的に歯をこわします。しかも自分自身でやってしまっているのです。恐ろしいことですが、ほとんどの方が気づいていません。歯を長持ちさせるためには大変重要な事です。

知っとこ!咬み合わせ(重要です!)

まずはあなたの咬みぐせ度のチェックです

● 日中無意識的に奥歯が接触していませんか?
● 唇を合わせた状態で上下の歯が接触していませんか?
● 起床時にあごがつかれたような感覚がありませか。首筋や肩がこっていませんか?
● 硬い食べ物をよく食べませんか? ● 硬い食べ物が歯によいと思い込んでいませんか?


以上のことに心当たりがありましたらかなり歯が酷使されています。
本来、人間の上下の歯が接触するのは、ものを咬む時と飲み込む時だけです。もし、食事のとき以外に頻繁に噛みしめやくいしばり、はぎしりなどをしていると、あちこちにしみる感じがしたり、ヒビ割れが進んで歯が壊れてしまうことさえあります。
最も効果的な方法は、まず、噛みしめやくいしばりをしていることを知る事です。そして、「唇を閉じて、上下の歯を離し、顎の筋肉の力を抜く」ことを意識してみてください。歯ぎしりは寝ている間のことなのでコントロールが難しいです。咬んではいけないと自己暗示をかけることや、それでも無理ならマウスピースで歯にかかる力を軽減させましょう。

うれし楽し♪定期検診

結局どうすればいいの!?
よく考えてみると外敵と戦うのがプラークコントロール。内なる敵と戦うのが咬みぐせのコントロールということがわかりますね。でも、これを読んだだけでは理解できないですよね。そこで、定期検診を通じて自ら体験することで理解していただきたいのです。
今までのお話を読んで頂きやってみようかな!と思われた方ならしめたものです。
歯科医院は痛いことをされるだけのところではありません。トラブルがなければ気持ちよくクリーニングして為になる話が聞けて、とても楽しいもんですよ♪あとは歯科医院を賢く利用していただければ、私たちがお手伝いいたします。
最後に「ムシ歯」や「歯周病」の治療として、歯石をとったり、穴を埋めたり、被せたりするのは”手当て”しただけで原因にアプローチして改善したわけではありません。何事も100%は無理でも、少しでも原因を改善していくことが、歯を長持ちさせることにつながると考えています。

治療成功の秘訣とは?

最初に

ムシ歯や歯周病について、治療法については一般的には変わらないですし、個々のお口の中の状態によってできること、できないことなど治療方針は違いますのでここでは触れません。

ページの題として成功の秘訣としましたが、治療の成功と失敗はどうやって決まるのでしょうか?
痛いところの症状が無くなったら・きれいに被せ物が入ったら・歯茎の腫れがなくなったら成功?
治療が終わっても痛みが引かなかったり・・・失敗?

歯科医学的にはそうかもしれませんが、本当の意味の成功は皆さんが決めることだと思います。
患者さんの中にはいろんな考えを持った方がいます。

例えば、グラグラで抜く以外方法がない歯、でも残したいという患者さんに残すことのデメリットや抜いて歯を入れることで噛む事ができるというメリットを理解した上で残したいという選択をしたのなら、残した事がその患者さんにとって成功といえるのではないでしょうか。

逆に、いくらいい治療をしても患者さん自身が望んでいなければそれは失敗ということになるでしょう。
このページでは成功=望む治療をしてもらう為に知っておいてほしいことを紹介したいと思います。

突然ですが質問です。あなたはご自身のお口の中で起こっていることをご存知ですか?
(例えば何本歯があって、そのうち神経を取ってある歯は何本で、どこにムシ歯があってとか・・・)
今まであなたの希望や都合にあった治療法が歯科医院側ときちんと話し合われてきましたか?
そして、治療後これ以上悪くなりたくないと心に誓ったことはありますか?

これまでこういう事を考えたこともなく何となく分からないまま治療を受けてきた方は必見です。

知ること
まず現状を知る。
歯が壊れていくメカニズムから、逆に長持ちさせる方法を知る。治療でできる事と、できない事を知る。
★治療は100%うまくいくというわけではないということを知る
選択する事
治療に対する要望をはっきりさせる(今回は応急処置でいいのか、きちんと治していくのか・機能重視、見た目重視、治療期間など)「こうなりたいという希望」「治療に対する希望」と「治療でできる事」「次はどうなるのか」をふまえて治療方針を決める 。
治療後の未来を創造する事
治療をすべて終えてからでないと予防にはいけないと考える人が多いです。それもいいと思います。
が、むしろ予防からスタートする方が未来志向だと思いませんか?

例えば自分の歯がどういう状態かも何も知らずに間違った治療内容を選択してしまったりすると、こんなはずじゃなかったという結果をもたらしてしまうかもしれません。
あるいは、自分の現状をよく理解した上で治療内容や通院を選択しておけば自分で選んだ道、後悔することはないでしょう。これはすべての治療にいえることです。いわば人生においてもいえることではないでしょうか。

ここによくあるパターンで、上の3つを実行した例と実行しなかった例を見てみましょう。

よくあるパターン

ムシ歯編

Aさん 35歳 主婦
子育てが一段落し、5年ぶりに歯科医院へきました。
昔に神経を取って被せ物が取れてしまいました。
痛みは無く取れたものをつけてもらいたいという主訴で来院されました。
全体的に検査・検診を行った結果、被せが取れたところは中でムシ歯が広がっており、おまけに歯が割れていました。
被せ物は戻す事ができず抜歯しなければならないとのこと。
こうなった理由は、子育てに追われ長年歯科医院に行っていなかったのでムシ歯の発見が遅れたことと、強いくいしばりにより歯が割れてしまったと考えられました。
神経を取った歯はもろくなるので、強い力がかかると割れる事はよくある事です。
 
この現状を知り理解した場合
早くに抜歯し、抜いたところはインプラントを入れたいと思いましたが、費用や治療期間を考えてブリッジを選択されました。そして、歯が割れた原因は普段の家事やパソコンをしている時にくいしばっていることで気づき意識してくいしばらないようにしました。
歯の大切さに気づき定期的に検診やムシ歯や歯周病の原因のプラーク・歯石を取ってもらいに歯科医院に通うようになりました。その後は治療に至ることもなく現状を維持されています。
 
現状を聞いたけれども目先のことにとらわれてしまった場合
ムシ歯が進行しすぎていることと、割れた歯に被せを戻すことのリスクを説明したが、どうしても戻してほしいとのことだったので応急処置でつけ直しました。
数週間後、硬いものを咬んでしまい被せは取れ、割れた歯が炎症を起こし痛くて腫れて来院されました。
結局、抜歯せざるをえなくなりました。

歯周病編

Cさん 55歳 会社員
仕事が忙しく出張も度々のため続けて治療に通う事ができない、歯がしみるのでムシ歯じゃないかとの事で来院されました。
検査・検診を行った結果、エナメル質が削れてしまい歯茎が下がって知覚過敏を起こしていました。
原因は歯周病により骨が無くなったことによって歯茎が下がり歯の根っこが露出し、そこがしみていたと考えられます。
他にも全体的に中等度の歯周病が進行中でした。
電動ブラシで力いっぱい、朝のみのブラッシングで自分ではしっかり磨けていると思っていたのに・・・
電動ブラシは使い方によっては磨きすぎで歯を削ってしまう事があります。
そして、電動ブラシだけで完璧にプラークを落としきるのは難しいのです。
 
何が悪かったのか理解した場合
これ以上、歯周病を進行させないように歯科衛生士さんの指導をうけました。歯を削ってしまわないよう柔らかい歯ブラシを使い歯間ブラシも使って就寝前には必ずみがくようにしました。
歯周病の治療も頻繁には来院できないなりにも受け、病状の進行を停止させ安定させることができました。
 
我流のブラッシングを変えない場合
しみるのが治まらず、根っこが露出したところがムシ歯になりました。やむを得ず神経を取る処置を行いました。
その後もきついブラッシングのせいで他の歯も次々としみて治療が必要になりました。歯周病も重度まで進行してしまったところは保存が不可能で抜歯に至りました。

その原因のほとんどは

むし歯や歯周病は発症してから治そうという考え
歯科的な知識がないまま治療選択をしている場合
情報を自己解釈してしまい間違った選択をしてしまう場合

などがあります。
お仕事や育児で忙しくて通えない方や、費用の問題でいい治療を受けたくてもできない方もいらっしゃるかと思います。それはそれでそういう時期もありますので、自分のお口の中の現状を知っていただいて歯科医院に通わなくてもご自宅でのケアを十分していただければいいと考えています。
また、時間ができたときにゆっくり治療していけばいいのです。
※ただし、歯科的な問題点は解決していないので、時間と共にその問題点が拡大する可能性があります。

皆さんに治療の成功者になってもらいたいので、私たち歯科スタッフは十分に現状を説明し治療を進めていくようにしています。
分からないことはお気軽にスタッフにお尋ね下さい。

9:00〜12:00 ×
14:00〜20:00 × ×

※ 金曜日午後は14:00〜19:00までです。
  休診日:日、祝日

※ お電話の受付は診療受付時間の30分前までとなります。

〒552-0004
大阪市港区夕凪1-17-9

休診日  日・祝日
最寄駅  中央線 朝潮橋駅下車 徒歩5分

アクセスマップ

大阪市内を中心に京都や奈良、
神戸からもご来店頂いております
お気軽にご相談ください。
親身になってご相談に乗ります。

お車でお越しの方は
阪神高速、九条出口を出て国道172号線沿いに東へ
阪神高速、天保山出口から国道172号線沿いに西へ

Copyright (C) 丹田歯科医院 All Rights Reserved.